見事に復元された歴史ある美しい町、ポーランド・グダニスク

ポーランドの北に位置する港町のグダニスク・Gdańsk グダンスクと呼ばれることも)は、クラフクと並ぶ、ポーランドを代表する観光地です。

第二次世界大戦で街がほぼ壊滅状態になってしまったそうですが、見事に復元され、現在では美しい街並みを取り戻しています。

そんな美しいグダニスクの旧市街の見所を写真でご紹介します。

スポンサーリンク

高い門(Brama Wyżynna)

グダニスク旧市街への入り口にある門。


囚人塔(Prison Tower)

高い門と黄金の門の間にある塔。

囚人を閉じ込めたり拷問するために使用されていました
内部には琥珀博物館が

黄金の門(Golden Gate)

高い門、囚人の塔をすぎて、この門をくぐると旧市街の中心、ドゥガー通りに出ます。

ドゥーガ通り、西の入り口
門をくぐると美しい街並みが

ドゥーガ通り

町の中心のドゥーガ通り、観光客で賑わっています。

ドゥーギ広場の方から眺める黄金の門

ドゥーガ通りを進んで行くと市庁舎が見えてきます。


市庁舎

内部はグダニスク歴史博物館(Main Tower Hall・Gdansk Historical Museum)として公開されているそうです。


高さ82メートルの塔

ドゥーギ広場

中世貴族たちの館が軒を連ねる旧市街の中心ドゥーギ広場。

ネプチューンの噴水

聖母マリア教会

1343年から1502年にかけ、約160年もかけて建設された、れんが造りとしては世界最大級の教会。

大きな時計
教会の内部
ステンドグラスは破壊を逃れたオリジナル
15世紀に作られた天文時計

王室礼拝堂

聖母マリア教会に隣接する、王室礼拝堂。

内部は見学できません

緑の門

旧市街の東側の入り口、緑の門。

モトワヴァ運河沿いにあります

運河沿いの街並み

運河沿いにも美しい街並みが並んでいます。

運河沿いを散策

その他

琥珀のお店が並んでいる通り