中欧旅行20日目、クリッペンシュタイン山頂の絶景、ファイブフィンガーズ展望台とダッハシュタイン山を望む豪華なシャレー

2019年8月下旬から約3か月半、中央ヨーロッパ8か国とトルコをレンタカーで周遊した時の記録です。

コースはこちら。

スポンサーリンク

クリッペンシュタイン山頂の朝日

オーストリアが誇る世界遺産「ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタイン山の山頂での朝。

今日は6時20分に向かいのドミトリーの部屋の大きな物音で起床。おそらく登山者が朝早く用意していたんだろうな~。

でもそのおかげで6時40分の日の出を見ることができました。

日の出前、朝焼けに染まるダッハシュタイン(Dachstein) 山脈の山々。

だいぶん明るくなってきました
雲海がきれい

朝日を寒い思いをせずに部屋から眺める事ができるなんて、この部屋に泊まれて良かった~と、しみじみ感動。

スイートの部屋からの眺め

やっと太陽が出てきました。

今日もいい天気

日の出の動画です。

山頂の日の出。ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタインのホテルから

部屋から朝日を堪能して、7時に朝食会場へ。

場所は昨夜と同じレストラン。時間が早く、他に人がいなかったので、また窓側の席でゆっくり食べる事ができました。

レストランのテラスから

朝食の種類は少なかったけど、パン、フレッシュな野菜、ハムがとても美味しくて、サンドイッチにして食べました。
オーストリアを代表するパン「カイザーゼンメル」 、美味しい!

朝食後は、せっかくのスイートの部屋なのでチェックアウトぎりぎりまで部屋でゆっくりしました。

今日は快晴で、部屋からの眺めも最高でした。

昨日歩いたトレッキングコース
ダッハシュタイン山塊

絶景を楽しませてくれたホテルをチェックアウトして、今日は、今見えているダッハシュタイン山脈の裏側(南側)の麓にある街「シュラトミング(Schladming)」に移動します。

シェトラミングではゆっくり4泊する予定。ハイライトはロープウェイで、下の写真のダッハシュタイン山の山頂に行きます!

矢印の場所に、ロープウェイの山頂乗り場があります。

その時の様子の記事はこちら。

シェトラミングまでは近いので、もう少しクリッペンシュタインの山頂に滞在する事に。チェックアウト後、ホテルに荷物を預かってもらいました。
ホテルには、カギのかかる荷物部屋があったので安心でした。

お世話になったロッジアムクリッペンシュタイン(Lodge am Krippenstein、部屋は清潔感があって、レストランの食事も美味しかったし、何よりここでしか味わえない絶景が楽しめて最高のホテルでした。

ロッジからの眺め

絶景だったホテルの周りの動画です。

ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタイン山頂のホテル周辺の眺め

ホテルの近くの展望台World Heritage view」からの眺めの動画です。

ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタイン山頂の展望台「World Heritage view」からの眺め、快晴

ファイブ・フィンガーズ展望台

今日は雲一つない快晴なので、またファイブ・フィンガーズ展望台(5fingers)へ向かいました。

展望台までの道のり、どこからの景色もきれいで、立ち止まって景色を眺めてばかりいたので、到着するまですごく時間がかかりました。

ファイブ・フィンガーズ展望台へ向かう人たち。

今日もパラグライダーをしている人たちがたくさんいました。

展望台までの道のり、ハルシュタット湖などの動画です。

ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタイン山頂の展望台「ファイブ・フィンガーズ展望台(5fingers)」までの道のり
快晴、クリッペンシュタインの山頂からのダッハシュタイン山脈の眺め

ファイブ・フィンガーズ展望台に到着。

昨日よりきれいに景色が見えました。

ハルシュタット湖

一番左には額縁があって、絶好の撮影ポイント。

他にもガラス張りの場所もあって、本来ならスリリグなはずなのですが、ガラスが汚れ過ぎてほとんど何も見えませんでした・・・。

ファイブ・フィンガーズ展望台からの眺めの動画です。

「ファイブ・フィンガーズ展望台(5fingers)」からの、ハルシュタット湖の眺め。

第3区間ロープウェイ

ファイブ・フィンガーズ展望台の次は、チケットに含まれていたので第3区間ロープウェイに乗ってみる事にしました。

第3区間ロープウェイは利用者が少ないので、小さめのゴンドラ。

第2中継点が一番標高が高いので、第3区間ロープウェイは下っていきます。

ゴンドラから見えたホテル

第3中継点の標高は、1780m第2中継点のロープウェイ乗り場が標高2063mなのでかなり下ってきました。

第3区間ロープウェイ乗り場

第3中継点のロープウェイ乗り場を出ると、案内看板があるだけで他に何もありませんでした。乗り場から10分程歩くと、ホテル兼レストランはありました。

どのトレッキングコースも長時間のものだったので、適当にこの辺りを散策することに。

山頂の第2中継点と違って標高の低いこの辺りは木々が生い茂っていました。

さっきまでいた山頂の第2中継点

山頂にある教会が見えました

少し辺りを散策してから、ロープウェイでまた第2中継点に戻りました。

第3区間ロープウェイの動画です。

ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタイン、第3ロープウェイ

ホテルに戻るともう13時になっていたので、荷物をピックアップしてロープウェイで下山。

帰りの第2ロープウェイ

第2区間ロープウェイの動画です。

ダッハシュタイン山脈、クリッペンシュタインロープウェイ、第2区間ロープウェイの下り

楽しみにしていたクリッペンシュタインの山頂、予想以上にきれいな場所でした。2日間、晴れてくれて本当に感謝。

2度目のハルシュタット

クリッペンシュタインを下山後、あとは今日宿泊する街「シュラトミング(Schladming)」に移動するだけなのですが、ここで一つ問題が・・・。

シュラトミングで宿泊予定の宿はロッジ。もちろんキッチン付きなので自炊をするのですが、今日は日曜日

ヨーロッパは日曜日にスーパーが閉まることが多いので、今日の夕食の食材を確保できるかどうか・・・。

とりあえず浮かんだ解決策が、観光客が多いハルシュタットにあったスーパーなら開いているかも!?
ロープウェイ乗り場から車で7分と近いので行ってみることに。

3日前にハルシュタットに行った時は満車で入れなかったスーパーから一番近い駐車場P2が空いていたので停めることができました。
他の駐車場だと結構歩かないといけないので、急いでいるので助かりました。

街に近く、狭いのでいつも満車のP2

駐車場からさっきまでいた、クリッペンシュタインのフィンガーファイブ展望台が見えました。

期待をしてスーパーに行ったのですが、残念、閉まっていました~~。

仕方がないので、もし食材が全く手に入らなかった時のために、パン屋さんでパンを買って行きました。

いつ来ても人がいっぱいのハルシュタット

3日前に来た時は曇りだったのですが、今日は快晴。

せっかくのいい天気ですが、ゆっくり観光する時間はなかったので、少し景色を眺めて移動しました。

ゆっくりと観光した時の記事はこちらです。

シュラトミングの快適なシャレー

期待していたハルシュタットのスーパーは閉まっていたので、開いてるスーパーを探しながらシュラトミング(Schladming)へ車でへ向かいました。

「日曜日にスーパーが閉まる」というのはオーストリアやドイツでは本当に悩まされました・・・。

暮らしている人にとって、日曜日にきちんとお休みがあるのはとてもいい事なので見習うべき所だと思うのですが、自炊旅行者としては、移動の日が日曜日だったら生鮮は前日に買いこむわけにもいかないし、悩みどころ・・・。

他の国では全部のスーパーは閉まらず、一部のスーパーは開いていので食材が確保できない、ということはなかったのですが、法律で決められているドイツはもちろん、オーストリアもウィーン以外は本当に全部閉まっていて、開いているのはガソリンスタンドに併設するスーパーぐらいでした(さすがに観光客の多いウィーンでは、旧市街の中のスーパーは開いていましたが)。

今日の宿はシュラトミングから約12㎞離れたスキー場にあるシャレー「Alpenchalets Reiteralm by Alps Residence」

せっかくの大自然なので、アルタウッセと同じように街から少し離れた静かそうな場所を選びました。

ここのチェクイン方法は、セルフチェックイン
事前に鍵が入ったBOXの暗所番号を連絡してくれるので指定されたシャレーに自分でチェックインします。

セルフチェックインなのですが、チェクイン前にホストに電話をしないといけなかったので、電話してみると、宿泊代は支払い済みでしたが、市税などの支払いがあるので集金にくるという話でした。

16時にシャレーに到着、今日は約86㎞の移動でした。

建物は定員8名の2階建ての大きなシャレー。料金は4泊で€1126でした。

シャレーの外からダッハシュタイン山塊が見えました

意外とお隣さんと密集したシャレーが並ぶ宿泊施設でしたが、シャレーはすべて独立しているのと、スキーシーズンではなかったので宿泊客がほとんどいなくてとても静かでした。

車は宿泊するシャレーの前に停めることができました(無料)。

階段を降りてシャレーへ

2階に広いリビングとキッチン、バスルームとベッドルーム、広いテラス。

かなり広いリビング

写真はありませんが、キッチンは広くて設備も良く、道具も揃っていて、とても使いやすかったです。

2017年に建てられたのでとてもきれいでした
リビングには暖炉も

シャレーは標高1180mの場所に建っているので、テラスからの眺めも最高でした。

テラスのくつろぎスペース
テラスからの眺め

1階には、バスタブ付きのバルルームが2つと大きなサウナ、ベッドルームが3部屋もありました。

定員8名で、ベッドがリビングにあるソファーベッドなどではなく、きちんと寝室でベッドがあるのは、家族連れや大人数の旅行者のにはとてもうれしいですね。

バスルーム
広いサウナ!
ベッドルーム

1階のベッドルーム2部屋には、テラスも付いていました。

設備だけでも大満足の宿ですが、5月中旬から10月中旬に宿泊するとシュラトミング-ダッハシュタインサマーカード(Schladming-Dachstein Summer Card) を宿泊者全員もらえるという特典が付いていました。

到着すると、きちんとテーブルの上に用意されていました。

サマーカード

シュラトミング-ダッハシュタインサマーカードとは、カードをこの辺りの施設で提示すると、無料や割引で利用できるというもの。

その施設の中には、ダッハシュタイン山塊へのロープウェイを含む周辺のいくつかのロープウェイも含まれていました。

天空の架け橋などで有名なダッハシュタイン山塊へのロープウェイだけでも、一人5000円以上するのでそれが無料になるのでこの特典はかなりお得でした!

シュラトミングの街

チェクインしてからまだクリアしてなかった問題「今日の食材の確保」を解決するために、シェトラミングの街へ行ってみることに。

まずは車でシェトラミングの街を通ってみましたが、数件あった大きなスーパーはすべて閉まっていました。

なので街の中心の駐車場に車を停めて、街を散策すること。

日曜日なので無料の駐車場

とても小さな街「シェトラミング」。せっかくなので街をブラブラしましたが日曜日なので人も少なく、開いてるのはレストランかお土産屋ぐらいでした。

レストランで食事も考えたけど、食べたいものが見つからなかったので、今日の夕食は非常食用に買っていた「フォー」で済ますことにしました。

シェトラミングから宿までの帰り道に、何かないかな~とガソリンスタンドに寄ってみたら、卵があったのでやったー!となったのは一瞬、賞味期限切れでした、笑

卵は無理だったけど、ベーコンとピクルスを購入。チェコでフォー買ってて良かった~。

ガソリンスタンドのスーパーがあって助かりました

本日の夕食

18時30分に宿に戻ってきて、夕食づくり。

今日は簡単にベーコンとピクルス入りのフォーと、ハルシュタットで買ったパンを食べました。

非常食で麺を買ってて良かった~、ハルシュタットでパンもいろいろ買ってて助かりました。

23時20分に就寝。とても快適な宿で大満足、明日からサマーカードを利用して、周辺のロープウェイ巡りをする予定。

ハルシュタットと同じく、オーストリアの世界遺産「ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」に含まれるダッハシュタイン山脈の南側のこのエリアは、北側に負けず劣らずの絶景なのに、ハルシュタットのように観光客は多くなくとてものんびりしていました。

*ブログ用にサイズを小さくする前の、写真、こちらで販売しています。

74938459

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

74937860

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

74937860

(c)yoshi画像素材 PIXTA –