シンプル家族いろいろ旅歩き

シンプルで楽しい人生に、ありがとう、感謝です!

【ドミニカ国・ロゾー港】島内観光ツアーに参加後、ロゾーの街を散策

2015年10月、南カリブ海クルーズで、カリブ海にあるドミニカ国Commonwealth of Dominica)ロゾー(Roseau)に寄港しました。

カリブ海クルーズのコースはこちらです。

irotabi.com

ロゾー港(Port Roseau)の場所

ドミニカ国Commonwealth of Dominica)の首都であるロゾー(Roseau)の港。

クルーズ船はこの港に着岸しました。

今回私達はプリンセスクルーズで、ロゾーの町の中心からは2キロ弱離れた港だったのですが、通常はロゾーの中心にある港に寄港することが多いようです。

場所はこちら。

こちらの港だと町の中心なので、下船後すぐに町歩きができます。

ロゾー港の様子

私達が到着した港は、町はずれだったのでのどかな感じでした。

船からの眺め。

この建物中に現地のお土産屋さんがたくさん入っていました。

ちなみにこの桟橋が町中の港です。

ロゾーの現地ツアー

恥ずかしながら、クルーズでドミニカ国に寄港するまで、ドミニカ共和国は知っていましたが、ドミニカ国という国があることさえ知りませんでした。

行く前に下調べも全くしていなかったので、到着後、港に待機していた現地ツアーの勧誘にのって、乗り合いバンでの現地ツアーに参加しました。

11人乗りの乗り合いのバンで、展望台、植物園、滝などをめぐる、3時間、一人US25ドルのツアーでした。

展望台

ロゾーの町を見下ろすことができる展望台へ。

クルーズ船も見えました。 f:id:irotabi:20210904230818j:plain

植物園

次は植物園へ。

ドミニカ ボタニック ガーデンズ( Dominica Botanic Gardens)。

台風で潰れた車が置いてありました。

f:id:irotabi:20210904231154j:plain

トラファルガー滝

次はトラファルガー滝 (Trafalgar falls)へ。入場料が一人US5ドルでした。

ドミニカ国では数日前、豪雨があったようで、滝の周りに岩が流れてきていました。

この後、もう一カ所行く予定だったのですが、豪雨の影響で通行止めで行くことができませんでした。

ツアー終了後、そのままクルーズ船まで送ってくれるのですが、私達はロゾーの街で降ろしてもらって、観光してタクシーで戻りました。

ロゾーの町

ツアー終了後、ロゾーの街をブラブラ。

f:id:irotabi:20210906223629j:plainf:id:irotabi:20210906224104j:plain

ロゾーの海岸線。

f:id:irotabi:20210906223724j:plainf:id:irotabi:20210906223708j:plain

街の中を歩いていると、クルーズ船の観光客だとすぐわかるようで、いろんな場所でタクシーの勧誘を受けました。 帰りは乗り合いのバンでクルーズ船まで戻りました。

今回、現地ツアーで学んだこと

今回のツアーで、一つ学んだことがありました。

ドミニカ国での現地ツアーは港の出口あたりで、勧誘専門の人が人を集めて、11人乗りのバンがいっぱいになったら出発する、という感じでした。

勧誘の人は写真を使って説明してくれたのですが、この時エメラルドプールの写真があって「ここに行きたい」と確認したら、「OK!OK!」と言っていたので、寄るものだと思っていましたが、実際は寄らずにツアーが終了。

運転手に「勧誘の人が行くと言っていた」説明しましたが、「このツアーは時間的に行かないツアーです」と説明されました。

思い返すと勧誘の人は、早く人を集めたいからか適当に返事していた感がありました。

運転手と交渉してツアーに参加する場合は大丈夫ですが、寄港地によっては、今回のように勧誘の人がいて、連れて行くのは別の人、というパターンがあります。

中米や南米、東南アジアでは、そのパターンで、勧誘の人は英語ができても、実際に連れて行く人は英語ができない、という事もありました。

なので、本当に行きたい場所がある場合は、名前を英語と現地の言葉でメモして、勧誘の人と運転手、両方にきちんと確認するのがお勧めです。