シンプル家族いろいろ旅歩き

シンプルで楽しい人生に、ありがとう、感謝です!

ベネズエラ沖に浮かぶ【ボネール島】ピンク色の絶景に出会える島内観光ツアー

2015年10月、カリブ海クルーズで、カリブ海の南部、ベネズエラ沖にあるオランダ領の島、ボネール島(Bonaire)に寄港しました。

それまで名前すら知らなかった島。 事前にネットで調べてみると、日本ではあまり知られていませんが、欧米ではダイビングスポットとフラミンゴの生息地として有名な島だそうです。

カリブ海クルーズのコースはこちらです。

irotabi.com

ボネール島の港、クラレンデイク港

ボネール島は面積284km2の小さな島で、一番高いブランダ山で240mと平らな島。

クルーズ船が島に近づくと、海の色が真っ青だったり、コバルトブルーだったりと、色のコントラストがきれいでした。

遠くに塩の山が見えました。

クルーズ船が寄港したのは、ボネール島の中心、クラレンデイク(Kralendijk)の港。

町の中心から歩いてすぐでした。

クラレンデイク港着岸の様子

クルーズ船が着岸中。ボートで大型客船を押しています。

右舷のバルコニー客室だったので、目の前の景色はクラレンデイクの町ではなく、小島のクラインボネレが見えました。

クルーズ船が着岸する時の動画です。

クラレンデイク港の様子

クルーズ船を降りて、ボネール島の海の美しさにびっくり。

f:id:irotabi:20210816155309j:plain

港なのに驚きの透明度!

f:id:irotabi:20210816155151j:plain

ここでも十分泳げるきれいさですが、さすがに泳いでいる人はいませんでした。

島内観光をするつもりで船を降りたのですが、海の美しさにシュノーケルをするかすごく悩みましたが、ボネール島にある「ピンク色の景色」をどうしても見たくて現地のツアーを探しました。

写真はありませんが、船を降りると、北側の町の中心に向かって、観光ツアー(ボートツアーや島内観光)のテントがずらっと並んでいました。

クラレンデイク港の現地ツアー

私達は、島内観光ツアーに参加。

勧誘してくれたのは女性で、ドイツ出身でこの島の美しさに惹かれて移住した方でした。

その方が、そのままガイド兼ドライバーでツアーに連れて行ってくれました。

参加者は、私達家族4人と、キューバ出身でアメリカ在住の2組の夫婦でした。

料金は一人25ドル(US)、約3時間のツアーでした。

ピンクビーチ

10分程車を走らせてから、港が見えるビーチで写真撮影タイム。

クルーズ船が見えました。

f:id:irotabi:20210816160253j:plain

動画です。

ピンクビーチ

この景色をネットで見つけた時に、くぎ付けになってどうしても見たかったボネール島の景色。

f:id:irotabi:20210910223841j:plain

f:id:irotabi:20210910223742j:plainf:id:irotabi:20210910223817j:plain

真っ白の山は塩で、ピンク色はバクテリアの色だそうです。

目の前で見れて大満足でした。

今回参加したツアーのバンにも写真が。

Red Slave

次は「Red Slave」へ。 昔、塩の作業の為にアフリカから連れてこられた奴隷の人達が住んでいた小屋だそうです。

f:id:irotabi:20210910224314j:plain

f:id:irotabi:20210910224415j:plainf:id:irotabi:20210910224532j:plain
f:id:irotabi:20210910224703j:plainf:id:irotabi:20210910224603j:plain

近くにフラミンゴの生息地がありましたが、群れはかなり遠くにいて近くではみれませんでした。

ソロボンビーチ

最後に島の東側、ソロボンビーチ(Sorobon Beach)へ。

f:id:irotabi:20210910225024j:plain

f:id:irotabi:20210910225228j:plainf:id:irotabi:20210910225200j:plain

高い山のないボネール島は乾燥して風が強いので、ウィンドサーフィンをしているひとがたくさんいました。 f:id:irotabi:20210910225102j:plain

ここでツアーは終了。

船に戻る途中にフラミンゴを少し近くで見れました。 f:id:irotabi:20210910225938j:plain

きれいな景色がたくさん見れて大満足なツアーでした。

クラレンデイク港、停泊するクルーズ船からの眺め

停泊するクルーズ船からの、クラレンデイクの町の眺めです。

f:id:irotabi:20210910225732j:plain

f:id:irotabi:20210910225642j:plainf:id:irotabi:20210910225735j:plain

f:id:irotabi:20210910225839j:plain

次はぜひ、クルーズ船ではなくゆっくりと訪れたいボネール島でした。