シンプル家族いろいろ旅歩き

シンプルで楽しい人生に、ありがとう、感謝です!

【グレナダ・セントジョージズ港】坂の多い町、セントジョージズとグランアンス・ビーチ

2015年10月、カリブ海イギリス連邦加盟国の島国、グレナダ(Grenada)の首都セントジョージズ(St. George's)の港にカリブ海クルーズで寄港しました。

カリブ海クルーズのコースはこちらです。

irotabi.com

セントジョージズ港(Port St. George's)の場所

グレナダの首都セントジョージズの港。 クルーズ船はこの港に着岸しました。

着岸時の動画です。

港は町の中心なので、町散策には最適。

セントジョージズで人気の観光地、「グランアンス・ビーチ」は東側の入江なので、港からボートやタクシーでアクセス可能でした。

セントジョージズ港の様子

港の入り口。

入り口を出るとすぐに町の中心。

観光ツアーの勧誘の人がたくさんいました。

坂道の多い町。

少し登るとクルーズ船を見下ろすことができました。

セントジョージズ港の交通情報

セントジョージズの町の中心は小さいので徒歩で十分まわれます。

足をのばして島内観光などに行きたい場合、乗り合いバンのタクシーなどが多く勧誘していました。

グランアンス・ビーチへは、乗り合いボートや乗り合いタクシーで行けるようです。

私達はビーチまで乗り合いタクシーを利用したのですが、片道約10分程度でした。

セントジョージズの見所

聖アンドリュー教会

セントジョージズの街の中心から坂道を上がっていくと、聖アンドリュー教会ありました。

教会から少し歩くと、廃墟になった教会がありました。

f:id:irotabi:20210906225746j:plainf:id:irotabi:20210906225802j:plain

この教会は、2004年のハリケーンによって大部分が破壊されてしまったそうで、そのまま状態で残っていました。

フォート・ジョージ

街を過ぎて、また丘を上がって、フォート・ジョージに向かいました。 しばらく歩いてフォート・ジョージ(Fort George)に到着。

f:id:irotabi:20210906230644j:plainf:id:irotabi:20210906230623j:plain

この砦は、1700年代初期に作られたそうです。

大砲以外、これといって見所はありませんでしたが、ここからの眺めはとても良かったです。

クルーズ船も見えました。

f:id:irotabi:20210906230758j:plain

グランアンス・ビーチ

フォート・ジョージの後はグランアンス・ビーチへ。 初めから、街観光の後にビーチに行く予定にしていたので、みんなは服の下に水着を着て観光。 私は泳がない予定だったので、水着は来ていなかったのですが、着ていたみんなはさすがにカリブ海の国で暑すぎてバテてました。

フォート・ジョージの前にたくさん待機していた「島内観光ツアー」中の運転手に勧誘されたので、私達は島内観光ツアーではなく、グランアンス・ビーチに行きたい、伝えると、フォート観光中の自分のお客さんがこの後、グランアンス・ビーチに行くから問題ない、との事だったので、乗り合いバンでグランアンス・ビーチへ向かいました。

その運転手に「帰りも迎えに来る」、言われたけど、ビーチでゆっくりしたかったので断ったのですが、「ビーチ往復で安くする」とかなりしつこかったので承諾。 その後、料金はバンに乗ってるお客さんには言わないで、と念を押されました。

港からは車で約10分の場所にある、グランアンス・ビーチ

3キロほど白い砂浜が続くグランアンス・ビーチ、海岸沿いにはホテルやレストランが並んでいました。

クルーズ船が停泊している港から、ボートでの送迎もあるようです。

帰りの送迎を予約してなかったら、ボートで帰っても良かったな~。

あいにくの曇り空で、期待どおりのビーチとはいきませんでしたが、みんなはシュノーケルを楽しみました。

f:id:irotabi:20210906230740j:plain

シュノーケルの動画です。

しばらく遊んでいると、急に送迎を頼んでいた運転手がビーチまで迎えきたのでびっくり! 遠くからすごい勢いで手招きします、笑

時間を見ると、まだ船の出港までは時間があって、そんなに焦って帰る必要がなかったので、「まあ、待ってくれるだろう」と10分程遊んでたのですが、ず~~と遠くでこちらを見ているので、そろそろ帰ることに。 もうちょっと遊べたのに~と思いながら、運転手とバンに行くと、バンの中にはすでにお客さんが数名乗っていました。

バンには10人ほど乗れるので、運転手はビーチからクルーズ船に戻るお客さんをすでに勧誘していたようで、それで私達をわざわざ探してビーチまで迎ええに来ていたのでした。

そうとは知らず、のんびりと遊んでいました・・・。バンのお客さん結構待っただろうな~、申し訳ない。笑