中欧旅行1,2日目、旅行の計画と準備、ソウル経由でフランクフルトへ

2019年8月下旬から約3か月半、中央ヨーロッパ8か国とトルコをレンタカーで周遊した時の記録です。

コースはこちら。

スポンサーリンク

旅行の計画

今回の旅行は、2018年9月からフランス、スペイン、ポルトガルルノーユーロドライブで車を借りてまわった旅が想像以上に楽しくて、また車を借りてヨーロッパをまわろう!と計画。

ただ、計画中にとても大事なことに気づきました。

今まで、シェンゲン協定加盟国、180日間に90日まで、という規定を知らずにいたのです!

2017年から2018年にかけて、ヨーロッパ方面ばっかり行ってたから、絶対90日オーバーしてたよな・・・・。

税関で言われなくて良かったです。知らなかったので指摘されても何言われてるかわからなかっただろうな~。

事実を知ってかなりあせり、いろいろ調べてみると、意外と確信犯で行かれる人もいるんですね、ばれたら・・・と考えるとすごい・・・。

それに国によっても厳しかったり、ゆるかったりするらしく、イギリスやドイツは厳しいらしいですね。

運よく?!オランダ経由ばっかりだったので大丈夫だったのかな~。

とりあえずばれなくて良かった。

と、本題に戻りますが、この事実に旅行の計画中に気づき、計算してみると今回はヨーロッパ68日間しか滞在できない事に。

せっかくいろんな国に行ってみたかったのですが、のんびり旅の私たちなので結局ヨーロッパは8か国までしか日程をくめませんでした。

旅行自体は3か月程で考えていたので、残りはどこに行こうか?と考えた結果、トルコをまわることに決定。

トルコに入るのが11月になるので、気候的に寒いかな?と迷ったのですが、トルコはずっと行ってみたかった国だったので、天気がいいことを願って、残りの35日はトルコに滞在することにしました。

旅行前にトルコ航空のステイタスマッチに申し込み

今まではデルタアメックスゴールドカードを持っていたおかげで、デルタのゴールド会員だったので、航空券はスカイチームの航空会社ばかりを購入していました。

でも今回はトルコトルコだったらやっぱりトルコ航空が便利。

ですが、トルコ航空はスターアライアンス。

なので、以前から興味があったステイタスマッチを申し込んでみることにしました。

デルタアメックスゴールドカードは夫婦で持っていたので、私と旦那さんの2人分をトルコ航空のステイタスマッチに申し込んで上級会員をゲットすることができました。

荷物が多いので、優先登場できる上級会員は本当に助かります。さらに家族4人、出発前にラウンジでゆっくりできるのもうれしい。

航空券購入

ステイタスマッチトルコ航空の上級会員になれたので、今回の航空券はスターアライアンスの航空会社で予約。

まずは、エアソウルで韓国・ソウルへ、ソウルからルフトハンザ航空でドイツ・フランクフルトへ。

ヨーロッパ周遊後、ドイツ・ミュウヘンから、トルコ航空でトルコ・イスタンブールへ。

帰りはイスタンブールからトルコ航空で韓国・ソウルエアソウルで帰国の行程になりました。

航空券は、航空会社のサイトで直接購入。

いつも旅行期間が長いので、旅行中に帰りの便が変更になったり、何かあったときに直接予約していた方が何かと便利なので、予約サイトはとおざす、直接予約するようにしています。

でも今回、エアソウルだけは直接予約をせず、アシアナ航空から予約しました(エアソウルはアシアナ航空の小会社)。それがちょっと失敗・・・。

わざわざ航空券が高くなるアシアナ航空から、エアソウルを予約した理由は、スターアライアンスの上級会員になれたので、アシアナ航空から予約したら、区間がカウントされるないかな~と期待してしまったので。

結果は、利用後にトルコ航空のサイトをみると、区間の表示もなし、アシアナから予約したかいはありませんでした・・・。

デルタ航空は他のスカイチームの航空会社を利用した場合も区間がカウントされるので、期待したけどダメでした。

それともう一つ、エアソウルで直接予約すると、預け荷物は15㎏までしか追加できず、オーバー分は当日支払うシステムだったのですが、アシアナ航空からの予約すれば、預け荷物が23㎏になるので、旅行期間が長く荷物が多かったのでそちらを選択。

でも、飛行機に乗ってわかったのですが、アシアナから予約していると機内食の軽食付きでした。

機内食、出ると思ってなかったので食事済みでお腹いっぱいで食べれず・・・。もったいないことをしてしました。

それに、アシアナでエアソウルを予約した時に、座席の指定ができなかったので、アシアナに電話してみると「エアソウルに連絡してください」と言われ、エアソウルに電話すると「アシアナからの予約なのでアシアナに連絡してください」と言われ、結局、座席指定できませんでした。

結果、飛行機がびっくりするくらいガラガラだったので指定する必要はなかったので良かったのですが、やっぱり予約は直接するのが一番ですね。

エアソウルでソウルへ

ヨーロッパのシーズンがそろそろ終わる8月下旬に出発。

まずは自宅から30分ほどの空港へ。

出発は17時過ぎ、 座席指定をしていなかったので一応2時間前には空港へ。

でも、空港のカウンターに行ってびっくり。ソウル便のお客さんが減ってるとは知っていたのですが、私たち以外に他にお客さんがいない・・・。

座席指定する必要なかったし、こんなに早く来る必要なかったし・・・。

帰りもエアソウルで予約していたので「これ帰りの便大丈夫かな~?」と思っていたら、案の定、ウィーン滞在中に欠航の連絡がありました。なので、帰りは大韓航空で帰路に。

初めて利用したエアソウルでしたが、座席がLCCにしては広く快適でした。

今まで乗ったLCCの中で一番快適
荷物もガラガラ

利用客はかなり少なく、機内はびっくりするくらいガラガラ。

ガラガラなのに飛んでくれて助かりました。直前で欠航になったら日程かくるって大変でした。

グランドハイアット・インチョンの4人部屋

ソウルへの到着が19時だったので、インチョン空港すぐ近くの、グランド ハイアット インチョン(Grand Hyatt Incheon)に1泊しました。

グランド ハイアット インチョンは4人部屋があるので、インチョンで乗り継ぎするときはよく利用しています。

宿泊した部屋は2ベッドルームレジデンス

普通、空港ホテルの4人部屋は、2部屋をつなげたコネクティングルームがほとんどですが、この部屋は一部屋でとても広々。

寝室2部屋、バスルーム2つ、リビング、簡易キッチン(レンジ付き)までついています。

キングベッド1台の部屋
シングルベッド2台の部屋
ビックボトルの水が置いてあるので助かります

12階のエグゼクティブラウンジを利用できるので、朝食と夕食も無料でついています。

でもこの日は、ラウンジの夕食時間には間に合わないとわかっていたので、自宅で腹持ちがいいおこわを作って持ってきていました。

電子レンジでチンして、21時に夕食。

おこわ

食後に部屋に付いていたチョコレートをいただきました。

写真はありませんが、フルーツも付いていました。

朝食は12階のラウンジへ。

そんなに種類は多くありませんが、朝から飲茶がありました。

インチョン空港、アシアナ航空ビジネスラウンジ

次の日、11時にホテルをチェックアウトして、ホテルのシャトルバスでターミナル1へ。

ルフトハンザ航空でチェックインを済ませてから、アシアナ航空のビジネスラウンジへステイタスマッチで獲得したトルコ航空のゴールド会員が役に立つときです。

今までインチョン空港では、大韓航空のビジネスラウンジしか利用したことなかったのですが、第一印象は「すいてる!」。

大韓航空のラウンジでは、いつも席を探さないといけないのですが、こちらは空きがいっぱいありました。

食事は個人的にはこちらのラウンジの方が好み。

ラウンジでゆっくりしてから、搭乗前にパン屋さんへ。

私以外の家族は、機内食を食べるとなぜか気分が悪くなるので、機内で軽く食べることができるパンを購入してからゲートへ。

今回、初めて利用したルフトハンザ航空だったのですが、写真撮るのをすっかり忘れていて、写真なし。

機内食もどんなのだったかな?思い出せません。そもそも食べたのかな?10時間半のフライトだから食べてないことはないか・・・。

ルフトハンザ航空のサイトで予約をしたときに、トルコ航空の会員番号は入力していたので、後日、トルコ航空のサイトを確認すると、しっかりマイルは付いていました。

フランクフルト到着

フランクフルトには18時半に到着。この日は空港のホテルに1泊。明日、車を借りて移動します。

みんなお腹が空いていたので、ホテルにチェクインする前に、スーパーで何か食べるものを探したのですが、ピンとくるものがなかったので、とりあえずホテルへチェクイン。

宿は、ヒルトンフランクフルトエアポート(Hilton Frankfurt Airport)、空港に隣接しているので便利でした。

予約はヒルトンの会員なので、ヒルトンのサイトで直接予約。

4人で泊まれるコネクティングルーム「FamilyRoom」を予約、1泊€464でした。

最近できたばかりのきれいなホテルでしたが、チェクインした時はすでに20時でちょっとバタバタしていたので、またもやホテルの写真が一枚もなし・・・。

夕食は、同じ建物内にあるアジア料理のお店「Jing Jing Asia Restaurant」へ行きました。

1階に持ち帰り用の店舗があって、2階にはゆっくり食べることができるレストランがあったので、レストランの方でとんこつラーメンをいただきました。

意外と本格的

とんこつラーメン4つとドラフトビール1杯、ミネラルウォーターの大ボトル1本で74ユーロでした。

長時間フライト後の疲れた時のラーメン、美味しかったです!

大満足の夕食後、パン屋さんで明日の朝ごはんを購入してホテルに戻りました。

明日はルノーユーロドライブで車をピックアップしてから、まずはニュルンベルクの町へ向かいます。