中欧旅行5日目、ナチス党大会会場跡、ドク・ツェントルムへ

2019年8月下旬から約3か月半、中央ヨーロッパ8か国とトルコをレンタカーで周遊した時の記録です。

コースはこちら。

スポンサーリンク

ドク・ツェントルムへ

ニュルンベルク3日目、本日は7時半に起床。

朝ごはんに、りんごと昨日の野菜炒めの残りで作った焼き飯を食べました。

用意をして、10時にお出かけ。

今日はまず、ドク・ツェントルム(ナチス党大会場跡文書センター)へ行きました。

アパートメントから車で、約7分で到着。

駐車場で駐車料金4ユーロを払って、建物入り口横の駐車場に車を停めました。

ドク・ツェントルムの入り口。ちょっとモダンな感じでした。

建物に入ってすぐのチケット売り場で、チケットを購入。

家族4人、ファミリーチケットで12,50ユーロでした。

ドク・ツェントルム内部

建物は博物館になっていて、内部を見て回りました。

たくさんの資料や写真が展示してありました。

博物館はナチス党党大会のためにつくられた「コングレスホール」に併設されていて、博物館の展望台から見渡すことができました。

かなり大きな施設、でも結局使われることはなたっかそうです。

下に行くことができるようだったので、行ってみることに。

コングレスホール

博物館を出て、コングレスホールへ歩いて行ってみました。

入り口
さっきまでいた展望台

動画です。

ドク・ツェントルムの横にある池、ドゥッツェントタイヒ。

池を挟んだ東側にある、野外集会場「ツェッペリンフェルト」にはいきませんでした。

南側には遊園地がありました。

1時間半ほどドク・ツェントルムをゆっくりと見学。

ニュルンベルク旧市街へ

ドク・ツェントルムを見学した後、車で昨日行ったBIOスーパーへ。

夕食の買い物と、明日はチェコに移動なのでチェコでBIOスーパーがすぐに見つからなかったらいけないので、美味しかったお米や食材を多めに買っておくことにしました。

一旦、アパートメントに戻って、13時前に今度は歩きでニュルンベルクの旧市街へ。

ニュルンベルクは今日で最後なので、もう一度旧市街をブラブラ歩きながら中央広場へ行きました。

昨日と同じく、今日も快晴で暑い!

前日に買って美味しかった、中央広場の屋台のソーセージサンドをまた購入。

昨日とは別の種類を購入、5ユーロ。

また1つをシェア。私だけは甘いものが欲しくなって一人だけチョコアイス食べました。

その後もブラブラ。

ゲルマン国立博物館

旧市街をブラブラしたあと、世界最古の地球儀を見に、ゲルマン国立博物館へ。

チケット売り場
チケット

大人2人と子供1人で10ユーロ、学生5ユーロ。

館内マップ
古楽器コレクション

1492年に作られた、世界最古の地球儀

約1時間ほどみてまわりました。

ゲルマン国立博物館のあとは、城壁沿いを歩いて、昨日行っていなかった、旧市街の入り口にある「職人広場」へ

城壁

職人広場

城壁沿いにある「職人広場」

中世の職人広場が再現されていますが、ショップやレストランが並ぶ観光客向けのエリアでした。

入口

動画です。

本日の夕食

職人広場を見てから、ゆっくり帰宅。

アパートメントには17時半頃に到着、夕食の用意をして19時に夕食。おなかペコペコ。

本日の夕食のメインは、昨日と同じBIOスーパーで買った、オーガニックの骨付きもも肉のオーブン焼き。

オーガニックのお肉ってすごいボリュームに見えても脂身が少ないので意外とぺろりといけちゃいます。

炒め物は、骨付きもも肉のお肉の部分と、玉ねぎ、ズッキーニ、マッシュルーム。

スープは、骨付きもも肉の骨でだしをとって、人参、白菜、大根、マッシュルーム入り。

そして白ご飯とビール。

ニュルンベルク、最後

3泊したニュルンベルク城壁に囲まれた旧市街はとても雰囲気があって、町歩きが楽しかったです。

ドク・ツェントルムの博物館に、コングレスホール 、いろいろと歴史を学べました。

今回、車でドイツを旅するのは初めてでしたが、道の空いたスペースも積極的に路上駐車ができるドイツのシステムはいいな~と思いました。路上駐車が多いことで町中の道は狭くなりますが、必然的にスピードが出せなくなるようにしているそうです。

以前、ドイツに来た時に、ドイツの人は本当に真面目で親切だな~と感じたのですが、今回もやっぱりそうでした。

そんなドイツも今日で終わり。

後半に戻ってきますが、とりあえず明日はチェコに移動します。

*ブログ用にサイズを小さくする前の写真こちらで販売しています。

73961591

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

73961590

(c)yoshi画像素材 PIXTA –