テネリフェ島の美しいテイデ山、奇岩・神の指( ロケ・シンチャド )

2016年4月、クルーズ船でスペインのカナリア諸島・テネリフェ島へ寄港。

その時にクルーズ船主催のテイデ国立公園へのツアーに参加しました。

スポンサーリンク

森林地帯を通って、テイデ山が見える展望台へ

クルーズ船はテネリフェ島の州都である、サンタ・クルス・デ・テネリフェ(Santa Cruz de Tenerife) の町に停泊。

そこからバスで、まずはテイデ山を目指します。

出発時、港周辺は曇りでしたが、森林を抜けて標高が上がり雲の上にでると快晴でした。

途中、テイデ山がきれいに見える展望台で数分、写真撮影のため停車。

眼下に町が広がっていました。

展望台からはきれいにテイデ山が見えました。

35410427

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

ツアーバスが多いので、他のバスは別の展望台で停車していました。

35469665

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

展望台からの眺めの動画です。

展望台の次は、途中のレストランでトイレ休憩。

他にも数台のツアーバスも休憩。ほとんど同じクルーズ船のお客さんです。

ここからもテイデ山が見えます。

35410433

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

周りの景色。

ここからさらにバス乗って、ハイライトの「神の指」といわれるロケ・シンチャド(Roque Cinchado) へ。

途中の車窓からの眺め動画です。

「神の指」ロケ・シンチャド

バスはロケ・シンチャド へ到着、ここで15分の自由時間です。

みんな急いで写真撮影に向かいます。

ちょっとした展望台にあがりました。

展望台から見た駐車場。

見えてきました、神の指!

35531760

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

テイデ山をバックに。

35531660

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

35531661

(c)yoshi画像素材 PIXTA –

ポキッと折れそうな岩です。

大きなクレーターも広がっていました。

動画です。

楽しみにしていた「神の指」。

天気にも恵まれてきれいな姿を見ることができて、大満足でした。

今回はたったの15分の滞在だったので、次はゆっくりと滞在したいものです。

この後、ツアーは プエルト・デ ラ・クルス の町へ向かいます。

植物園

バスは山を下りて、プエルト・デ ラ・クルス の町へ。

まずは植物園に行きました。

ここでまた自由行動。

バスは入り口で待機。

おのおの植物園内を見て回ります。

普通の植物園でした。

プエルト・デ ラ・クルス

植物園のあとは、プエルト・デ ラ・クルス にある、ホテルカタロニアラスベガスで昼食。

ビッフェスタイルでした。

ホテルの前は広場になっていて、観光電車の乗り場になっていました。

他にも、目の前が海岸線で、ウォーターパークやショップなど立ち並んで観光しやすい場所にありました。

昼食後は自由時間だったので、町を散歩。

海岸線にある大きなウォーターパーク。

こんな岩だらけな場所で泳ぐ人達。意外と泳いでる人がいてびっくりしました。

有名な岩と同化したレストラン。

釣りをする人。

岩に同化したレストランからの眺め。

動画です。

砦の方へ行ってみました。

大砲。

町中をブラブラ。

途中にあったカトリック教会。

教会前の広場。

動画です。

これでツアーは終了、バスでクルーズ船に戻りました。

プエルト・デ ラ・クルス はどんよりとした天気でしたが、クルーズ船が停泊する反対の海岸線の サンタ・クルス・デ・テネリフェ に戻ると快晴でした。

港の様子はこちら