コロンビア最大の観光地・カルタヘナの旧市街の町並み

コロンビアにあるカルタヘナ(Cartagena)は、「カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群」が世界文化遺産に登録されています。

2015年10月にクルーズ船で寄港した際に、現地のタクシーで観光ツアーに参加しました。

スポンサーリンク

なぞの巨木?

まず、運転手が連れて行ってくれたのは、民家の軒先にある巨大な木。

おじさんと比べても大きいのがわかります。

ポパの丘(Cerro de La Popa)

カルタヘナの町を一望できる「ポパの丘(Cerro de La Popa)」へ。

丘に行く途中にあったマリア様。

丘までの道のりはガイドブックなどには治安があまり良くないと書かれていますが、途中、子供たちが車をロープで通せんぼする場面がありました。

通行する車から通行料をもらっているようで、私たちの運転手も用意していた小銭を渡していました。

無視して通過する車もいる中、笑顔で小銭をもらっていました。

ポパの丘は標高は187m、カルタヘナで最も高い場所で、丘の上には1606年に建てられたカルタヘナ最初の修道院があります。

入場料は、USドルでも支払い事ができて一人4ドルでした。

修道院。

美しい祭壇がありました。

美しい中庭もありました。

丘の上からカルタヘナの町並みを眺めることができました。

港方面、クルーズ船が停泊しています。

奥の半島が、リゾートホテルが立ち並ぶ「ボカ・グランデ地区」。

サン・フェリペ要塞と、奥が旧市街。

観光地から離れると、庶民的な風景が広がっていました。

住宅がずっと続いています。

動画です。

サン・フェリペ要塞(Castillo San Felipe)

ポパの丘の次は、丘の上から眺めていたサン・フェリペ要塞(Castillo San Felipe)へ。

標高40mの丘に築かれたサン・フェリペ要塞。

要塞までの通路にはたくさん露店がありました。

カルタヘナが属する市の旗。

何本もの地下通路がありました。本当に真っ暗だったので、途中で散策を断念。

要塞から、先ほどまでいたポぺの丘が見えました。

ボカグランデ(Bocagrande)

要塞の次は、高層ビルとビーチのあるリゾートエリアボカグランデ(Bocagrande)へ。

ポぺの丘から見えていたボカグランデ、奥の細い半島です。

この日は大潮だったようで、海水が町の中まで入ってきていました。運転手さん曰く、よくある光景だそうで、ここでは下車せず通過。

途中でボカグランデにある、エメラルドファクトリーで下車。

コロンビアでは質のいいエメラルドがとれるらしいのですが、全く興味のない私達・・・。

それでも案内係の女性はファクトリー内にあるエメラルドの博物館を丁寧に説明してくれました。

カルタヘナの旧市街

ツアーの最後はカルタヘナの旧市街へ。

旧市街の表玄関、時計門

時計門をくぐって、左側に行くと旧市街を代表する教会、サン・ペドロ・クラベール寺院があります。

途中にある税関広場。

サン・ペドロ・クラベール寺院が見えてきました。

サン・ペドロ・クラベール寺院内。

修道院もありました。

旧市街は約4kmにわたって城壁に囲まれていて、城壁の上を歩くこともできます。

城壁の上からの眺め。

旧市街の中はカラフルな建物がいっぱいで、ぶらぶら歩くのがとても楽しい町並みでした。

動画です。